トップ

学校とカースト制度に関して

学校とカースト制度

学校内におけるカースト制度

学校内で見えない序列により地位の上下があることを「スクールカースト」といいます。上位、中位、下位グループの3つにわけられクラス内ステータスが決まります。上位グループには容姿の良さや運動能力、コミュニケーション能力の高い目立つ人が所属します。中位は上位ほどではないが、それに準ずる普通の学生、下位は目立たないおとなしい人が属します。学校という狭い世界の中にあるヒエラルキー、それが「スクールカースト」なのです。上位グループの人間はクラス内での雑用なども優遇され、下位グループが目立たない作業をこなします。一度決まってしまった序列を覆すことはとても難しいこととされています。

趣味,カースト

スクールカーストについて

スクールカースト(あるいは学校カースト)とは、日本の学校内で生まれる、個々の生徒の間にある「見えない地位の差」のことである。特徴として、同学年の中にも上下関係が生じる。また、上位層・中位層・下位層など一定の層が存在し、次のように振り分けられる。例えば、上位層は容姿が優れており、運動部のレギュラーで、コミュニケーション能力が高く、中位層は上位の者たちほどではないが、上位の者たちの要素をある程度有しており、下位層は主に文化部が中心で、おとなしく目立たないオタク系が多いなど。その他には、恋愛経験が豊富であるほど上位、実家が裕福であると上位などの特徴がある。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校とカースト制度に関して. All rights reserved.