トップ / 学校の環境の大切さについて

学校の環境の大切さについて

学校の環境の大切さ

学校生活で大切な環境作り

学校の環境と言うのは、日々過ごしていく中でとても重要なものです。校舎が汚れていたり、クラスの雰囲気が悪かったりすると、気持ち良く生活を送ることができません。勉強をしたり部活動をしたりする場所と言うイメージが先行しがちですが、生徒同士だったり、生徒と先生だったり、学校と言うのは、あらゆる場面で人と人とのつながりが大切になってくる場でもあります。他人に迷惑をかけない振る舞いや助け合うという思いやりの気持ちを大切にしていけるような環境を作っていく意識が大切です。個性ももちろん大事ですが、協調性を持った集団行動の円滑さも大事なポイントです。

趣味,カースト

学業環境は市街地か僻地か

孟母三遷という故事が表す通り学業に励む上で環境は重大なファクターです。孟子が子どもの頃はまだ現在のようなシステムでの学校は運営されていませんが、果たして学業の妨げになるものを遠ざけるには如何様にすべきか、頭を悩ませることには違いありません。学校は市街地、場合によっては駅の真裏という立地からひばりが舞い飛ぶような風靡な山奥まで多々ありますがどちらが良いかは一概には言えません。山奥のほうが外部からの刺激が少ない分学業に勤しめそうですが、都市の研究には向きません。市街地は欲望が渦巻いています。かくて現状どちらが良いかは個人の采配となります。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校とカースト制度に関して. All rights reserved.