トップ / 日本語学校を選ぶ時の注意

日本語学校を選ぶ時の注意

日本語学校選びの注意

日本語学校選びの注意点

外国人が日本語学校を選ぶ際に注意したいのは、どこの国からの学生を多く採用していて、授業は日本語のみで行われるのか、生徒の出身国の言葉で行なわれるのかという点です。レベル編成が行なわれるかどうかは授業についていけるかどうかという部分での判断材料になりますので、きちんと考えておくと安心です。さらに大きく定員割れしている人気のない日本語学校は注意が必要で、過去に何らかの問題が起こっている可能性も否定できません。また住居スペースの斡旋を行ってくれるかという点についても確認しておきます。

趣味,カースト

日本語学校の教師になるには

現在、日本語学校の教師になる(日本語を母国語としない人に日本語を教える)ために絶対に持っていなければならない資格や、絶対に受講しなければならない研修などといったものが特に定められているわけではありません。ですので、やる気と能力のある人であれば、日本語学校に採用さえされれば、日本語講師になることは可能です。ただ、日本語教育能力検定試験(年に一度行われる高難易度の試験)を受験し、合格した人でないと採用しない、というところが多いので、本気で日本語講師を目指すのであれば、受験することをおすすめします。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校とカースト制度に関して. All rights reserved.